【購入レビュー】Genki ShadowCast|ノートPCの画面でSwitchをプレイできる小型キャプチャーボード

こんにちは!テップウ(@teppu_game)です!

みなさんは『Genki ShadowCast』という製品をご存じですか?

ノートPCの画面でSwitchやPS4などをプレイできちゃう、超小型キャプチャーボードです!

個人的には夢のガジェット!

ノートPCの画面でSwitchをプレイしたくていろいろ調べた結果、こちらの製品にたどり着きました。

ShadowCastは様々なブログで紹介されていましたが、メーカーからのサンプル品の提供でレビューしている記事がほとんどでした。

どれもとても詳しく記載されていたので参考になったのですが、メーカーからの依頼だと悪いレビューを書きづらいんじゃないかなあと思ってしまいます。(性格悪いですね)

そこで今回は、実際に購入して半年間使用した僕の、メーカーに忖度一切なしの正直レビューを書いていきます!

ぜひ購入の参考にしてください~!

この記事はこんな人にオススメ!
  • ShadowCastの正直レビューが知りたい
  • コスパの良いキャプチャーボードを購入したい
  • Switchの携帯モードだと文字が見づらい
  • Switchで30秒以上のプレイ動画を保存したい
  • ゲーム画面をよくSNSにアップする
目次

ShadowCastの製品概要

製品仕様

まずShadowCastの製品仕様を見ていきましょう!

大きさL×W×H:52×25×9
重さ10g
入力4K/30fps or 1080p/60fps
映像出力1080p/30fps ~ 720p/60fps
音声出力モノラル
入力端子HDMI
出力端子USP Type-C2.0
(USB Type-A変換アダプター付属)
電源PC側USBポートより給電
(0.4/5V DC)

続いて接続するノートPC側の必要動作環境です。

対応OSWindows/macOS
CPUIntel i5-3400 または
i7-3537U2.0 GHz 以上
グラフィックボードNVIDIA GT630 または
GT735M 以上
メモリ4GB以上

念のため、使用予定のノートPCのスペックを確認しておきましょう!

製品の外観

続いてShadowCastの外観を見ていきましょう!

いざ開封!ワクワク!(半年前に開封してますけどね笑)

大きさはずんぐりとしたUSBメモリといった感じでしょうか(分かりにくい!)

一般的なキャプチャーボードと比較すると非常に小型です!

続いて同梱物です。

  • ShadowCast本体
  • USB Type-C 2.0(1.8m)
  • USB Type-C to Type-A 変換アダプター
  • 説明書
  • ステッカー2枚

なんかShadowCastとメトロイドがコラボしたみたいなイカしたステッカーが付いてきます。

Switchに貼ってオシャレにデコっちゃおー!(昔GBAにめっちゃシール貼ってたのを思い出します)

続いて実際に使用した感想を記載していきます!

良かった点

ノートPCとの接続が簡単

ノートPCとの接続方法が非常に簡単で、機械が苦手な方でも迷うことなく接続することができると思います!

まず、ShadowCast本体に付属のUSBケーブルを挿します。

次に、ShadowCastをSwitchのドックのHDMIポートに挿します。

ドックにShadowCastとACケーブルを挿した状態

ShadowCastは非常に小型なので、挿した状態でドックの蓋を閉めることができます。

あとはUSBケーブルの反対側をノートPCに挿すだけ!(ノートPCにTyoe-Cのポートが無い場合は、付属の変換アダプターを使用しましょう!)

テレビに接続するのとほとんど変わらないですね!

Switch以外のゲーム機器でも、HDMIポートがあれば同様の手順で接続できます。

動作軽快モードはほとんど遅延がない

ShadowCastは基本的に、専用のアプリを使用してゲーム画面をノートPCに映します。

専用アプリには、「動作軽快モード」と「解像度優先モード」の2種類の動作モードが用意されています。

アプリの設定画面
  • 動作軽快モード・・・滑らかな動作を優先するモード
  • 解像度優先モード・・・解像度を優先するモード

正直、「解像度優先モード」では快適にゲームをプレイすることができません。

違和感のあるレベルで遅延します。(コントローラーのボタン入力が反映されるのに時間がかかる)

どうぶつの森のようなゆったりスローライフゲームでも、ボタンの反応がスローすぎてイラついてしまうと思います。

使用するモードは動作軽快モード一択になります。

動作軽快モードの場合はなんと、遅延は0.1秒以内です!!(純正コントローラーを使用)

僕の体感では、アクションゲームも違和感なくプレイできます!!

さすがに1フレームの差が命取りになる対戦ゲームや音楽ゲームなどは厳しいかもしれませんが、それ以外のゲームは問題なく遊べると思います!(ノートPCの性能にもよるかもしれませんね)

その代わり、画質は少し悪いです。

解像度720pになるので、Switchの携帯モードと同じになります。

動作軽快モードのスクショ
通常型Switch携帯モードのスクショ

ノートPCの画面が大きいと少し粗く感じてしまうかもしれません。

個人的には全然許容範囲の画質ですが、高画質で画面キャプチャーをしたい方はパススルーできるキャプチャーボードの購入を検討しましょう。

6000円台のキャプチャーボードでこの低遅延・画質はコスパ最強だと思います!!

最高レベルの低遅延は本当でした!!

気になった点

専用アプリの機能が少ない

続いて気になった点になりますが、専用アプリがイマイチだと感じました。

非常にシンプルで操作が分かりやすいのですが、シンプルすぎて機能が足りないと思ってしまいます。

一番残念だったのが、録画の一時停止ができない点です。

録画を停止するとその時点でファイルが分割されてしまいます。

更に、ファイルの保存場所を選択することができません。

Windows版の場合は、動画はビデオフォルダ、画像はピクチャフォルダに保存されます。

Cドライブ以外に自動で保存したい場合は、OS側でビデオやピクチャフォルダの保存場所を変更する必要があります。

最後にもう1つ残念なポイントですが、録画中は常に画面左上に録画ボタンが表示されます。

そんなに大きくはないのですが、もしかしたらボタンと重要な表示が重なってしまうゲームがあるかもしれません。(今のところ出会ってないですが)

と、ここまで専用アプリの気になった点をいろいろ書いてしまいましたが・・・安心してください!

ShadowCastは専用アプリ以外の録画ソフト(OBS Studioなど)にも対応しています!

シンプルな機能で十分な方は専用アプリを、物足りない方は他の録画ソフトを使用すると良いでしょう!

音声出力はモノラルのみ

ShadowCastは残念ながらステレオ非対応で、モノラルで出力されます。

つまり、PCにスピーカーを2つ繋いでも、2つのスピーカーから同じ音が出ます。

まあ6000円台のキャプチャーボードなので仕方がないかなと~思いますね!

ShadowCastの購入がオススメな人

続いて、ShadowCastはどんな人にオススメかを書いていきます。

  • ノートPCの画面でゲームをプレイしたい
  • 家族がテレビを見ている間に大画面でゲームをしたい
  • Switchで30秒以上のプレイ動画を保存したい
  • プレイ画面をよくSNSにアップする
  • ゲーム実況をお試しでやってみたい

ノートPCの画面でゲームをプレイしたい

一般的なキャプチャーボードでは、基本的にノートPCの画面でゲームをプレイするのは難しいです。

プレイに支障をきたすレベルで遅延するからです。

ではゲーム生配信しているような人たちはどうやってゲームをプレイしているのかというと、もう1つ画面をつなげて、そちらの画面を見ながらゲームをプレイしています。

もう1つのモニタを用意せずにノートPCの画面でゲームをプレイしたい!という方には、超低遅延のShadowCastがオススメです!!

家族がテレビを見ている間に大画面でゲームをしたい

僕がShadowCastを購入した理由の1つが、家族がテレビを見ている間にSwitchをプレイしたいという理由でした。

Switchなら携帯モードでプレイすればいいんじゃない?

なんて思うかもしれませんが、Switchの携帯モードだと文字が見づらいゲームも多いんですよね。(特にPC版から移植したゲーム)

それでShadowCastを購入したわけですが、1つ問題がありました。

それは、Switchのドックを移動させるのが面倒くさいという問題です!

持ち運ぶにはけっこう大きいんですよね

そこでノートPCでプレイする用にもう1つドックを購入しようとしたのですが、品切れだったのでこちらの製品で代用しています。

こちらの製品のレビュー記事も書いています!

あわせて読みたい
Switchの小型ドックとして使える!『サンワサプライ USB Type-Cハブ』購入レビュー こんにちは!テップウ(@teppu_game)です! 今回は『サンワサプライ USB Type-Cハブ(400-HUB086GM)』のレビューです。 本来はPCのポートを増やすためのものなんです...

Switchで30秒以上のプレイ動画を保存したい

Switchの標準機能では、30秒までの動画しか保存できません。

ShadowCastの場合はノートPCの空き容量が許す限り動画を保存することができます!

もちろん他のキャプチャーボードでも同じことですが、ShadowCastはコスパが良いと思います。

プレイ画面をよくSNSにアップする

強敵を倒したときや、激レアなアイテムをゲットしたとき等に、SNSにスクショをアップしたくなる人も多いのではないでしょうか?

ゲーム機の標準機能で直接SNSにアップしたり、スマホに画像を送ったりできますが、ひと手間かかってしまいますよね・・・。

ShadowCastの場合はノートPCでプレイしているので、スクショをすぐにブラウザからSNSにアップできます!

ウィンドウを小さくすれば、ゲーム画面とSNSの画面を並べながらゲームをプレイするなんてこともできますよ!

ゲーム実況をお試しでやってみたい

今からゲーム実況をはじめてみたいな~と思っている人も多いのではないでしょうか?

CS機のゲームを実況したい場合はキャプチャーボードが必須になります。

でも、途中で飽きちゃうかもしれないのに1万円以上のキャプチャーボードを買うのはちょっとこわい・・・という人にはShadowCastがオススメです!

OBSを使用できるので、ゲーム生配信も可能ですよ!

ShadowCastの購入をオススメできない人

続いて、ShadowCastの購入がオススメではない人を書いていきます。

  • 高画質でゲームをプレイしたい
  • 対戦ゲームをよくプレイする人

高画質でゲームをプレイしたい

前述しましたが、ShadowCastの専用アプリでゲームをプレイする場合の動作モードは「動作軽快モード」一択になると思います。

動作軽快モードの場合、テレビやモニタでプレイするよりも目に見えて画質は粗くなってしまいます。

特にPS4やPS5のプレイを考えていて高画質を求めている人は、高価なキャプチャーボードを選んだほうが良いかもしれません。

\2万円台で人気なキャプチャーボード/

対戦ゲームをよくプレイする人

ShadowCastは超低遅延のキャプチャーボードですが、全く遅延が無いわけではありません。

対戦ゲームをプレイする場合は、ハンデを背負うことになると思います。

「俺はゲームがうますぎるからちょっとくらいハンデがあった方が燃えるぜ!!」という人以外は、厳しいと思います。

繰り返しになりますが、ソロプレイのアクションゲームは個人的に遅延を気にせずにプレイできます。

レビューまとめ

良かった点
  • ノートPCとの接続が簡単
  • 動作軽快モードはほとんど遅延がない
気になった点
  • 専用アプリの機能が少ない
  • 音声出力はモノラルのみ

正直、良いレビュー記事ばかりだったので忖度ではないかと疑いにかかっていたわけですが、本当に超低遅延でコスパの良いキャプチャーボードです!(疑ってしまい大変申し訳ありませんでした。)

ノートPCの画面でゲームをプレイしたい場合は、ShadowCastの購入で間違いないと思います!

本格的なゲーム実況をしたい人は、2万円程度のキャプチャーボードを購入した方が良いと思うのでよく検討してくださいね。

想像以上に大満足のキャプチャーボードでした!

▼ゲームレビューもたくさん書いてます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲームとマンガとロックが好きなアラサー。
好きなゲームジャンルは、ローグライク/メトロイドヴァニア/サウンドノベル。
方向音痴でゲーム内でよく迷子になる。
ラスボスは砂漠ステージ。

目次