『Sea Salt』評価・レビュー|不気味な魔物の軍勢を指揮して人間を襲っていく2Dストラテジーゲーム

Sea Saltレビュー

方向音痴ゲーマーのテップウ(@teppu_game)です!

今回は『Sea Salt(シーソルト)』というゲームを紹介します。

本作はダークな雰囲気が特徴のアクションステラジーゲームです。

味がある2Dドットのゲームではありますが、なかなか描写が過激なゲームなので苦手な方はご注意くださいね!

人間が魔物に襲われていきます・・・!

『Sea Salt』Switch版をクリアまでプレイした感想を記載していきますので、ぜひ購入の参考にしてください!

このゲームを簡単に説明すると?
  • ドット絵2Dグラフィックのアクションストラテジーゲーム
  • スティック操作で不気味な魔物の軍勢を指揮して人間を襲っていく
  • ゲームを進めると指揮できる魔物の種類が増えていく
プラットフォームSwitch/PC(Steam)
価格1980円
目次

良かった点

神に背いた人間を襲っていくダークなストーリー

ある村は古の神「ダゴン」の圧倒的神パワーによって繁栄していました。

村を繁栄させている代わりに、ダゴンは定期的に人間の生贄を要求していました。

神との交信は、ダゴン教という教団の大司教が大聖堂で行います。

中央にいるのがダゴン教の大司教です(モー〇リじゃないよ)

神が今度の生贄を指名していきます。

アンソニー・ポーさんご指名です・・・

最後に生贄に指名されたのはなんと・・・

大司教でした・・・

しかし大司教は、

「何かの間違いだ!」
「私自身が教団だから生贄にはなれない!」

などいろいろ御託を並べて逃亡してしまいます。

今まで散々村の人々を生贄に捧げてきたというのに・・・

これには神様も激おこです!

プレイヤーは神ダゴンとなって、神に背いた人間達を抹殺していくストーリーになっています。

果たして大司教は無事に神から逃げ切ることができるんでしょうか・・・!(多分無理そうですよね笑)

人間側ではなく神様側なのがおもしろいですね~

超シンプルな操作

プレイヤーは神ダゴンを直接操作するわけではありません。

不気味な魔物を指揮して人間を襲っていきます。

その操作が超シンプルなんです!!

Lスティックを傾けた方向に、黄色いカーソルが動きます。
そのカーソルに魔物が付いてきます。

左下にあるのが黄色いカーソル

ZRトリガーボタンを押すと黄色いカーソルが赤く変わり、魔物が近くの敵や障害物を攻撃します。

障害物を攻撃してくれています。がんばれ・・・!

基本的な操作はこの2つです。シンプルですね!

魔物の軍団を指揮して、逃げ惑う人間を襲っていきましょう!

恨むなら大司教を恨んでね

しかしもちろん、抵抗してくる人間も現れます。

銃を撃ってきたり、斧を振り回してきたり、トラップをしかけてきたり・・・

魔物に動じない屈強な戦士

上手に攻撃を避けないと、あっという間に魔物たちはやられてしまいます。

魔物が全滅してしまったらゲームオーバーです。

ゲームオーバーになってしまっても、ステージの最初からではなく途中から再開できます。

さらに魔物たちは基本的に炎に弱いです。

人間もそれを知っているのか、火炎放射器を持ち出してくるヤツが現れます。

にっくき火炎放射マン(神目線)

魔物たちは集団行動なので、油断していると一瞬でチリの山になります。

ZRボタンを押していない状態(攻撃をしていない状態)だと、魔物は炎を避けるように動いてくれます!

単純に攻撃ボタン押しっぱなしではクリアできないようになってます!

魔物たちに愛着がわいてくる

本作に登場する魔物たちは基本的に不気味な見た目をしているんですが、プレイしているとなんだか愛着がわいてきます。

そんな魔物を呼び出す方法は以下の2つです。

・ステージの各所に設置されている祭壇から呼び出す。
・敵を倒すとドロップするゴールドをためて呼び出す。

最初に呼び出せる魔物はスウォームだけですが、ゲームを進めると呼び出せる魔物がどんどん増えていきます!

魔物たちにはそれぞれステータスが設定されていて、個性があります!

魔物たちのステータス
  • タイプ(近接・遠距離など)
  • 体力
  • 攻撃
  • スピード
  • 恐怖
  • 召喚数

おもしろいのが「恐怖」で、恐怖のステータスが高い魔物が人間に近づくと、攻撃を中断して逃げる可能性が高くなります。

魔物によって召喚数が変わるのもおもしろいですね!

ここで魔物の1部を紹介していますね!

まずは最初から呼び出せるスウォームくん。

とにかくスピードが速いのが特徴で、簡単に人間に追いついて取り囲むことができます!

こんな集団に追いかけられたらめちゃくちゃ怖い!

召喚数も10と多いのですが、体力が低いのでいつの間にかいなくなってます・・・笑

続いてはカルト信者さん。

魔物なのか・・・?

攻撃力が高く、遠距離から攻撃ができるのが特徴です。

謎の信者魔法!

遠距離攻撃ができる代わりに体力は非常に低いので、体力が高い近接攻撃の魔物に守ってもらいましょう。

見た目がほぼ人間だからか、恐怖値は低いです。

続いてはなんんと・・・蟹さんです!

ズワイガニかな~!

蟹さんは攻撃力が低いですが、体力が高いので壁役として活躍します!

あとなぜか火に強いです。
(焼き蟹にならないのかな?)

最後に紹介するのは特殊な魔物、リッチさんです。

リッチさんは倒した敵をスペクターとして蘇らせる特殊能力持ちです!

水色のヤツがスペクター

こういう特殊能力ってロマンを感じますよね~!

他にも多数の不気味かわいい魔物が登場します!

人間をがんばって襲っている姿にだんだん愛着がわいてきますよ~!
(人間側から見たら恐怖でしかないですが笑)

魔物の組み合わせを考えるのも楽しかったです!

ちなみに本当にかわいい魔物も登場しますよ!

説明が異様にシンプル!

きっとお気に入りの魔物が見つかりますよ!

プレイ感が変わる使途キャラクターたち

本作はステージの最初に、魔物の軍勢を指揮する「使途キャラクター」を選択します。

使途キャラクターによって、スタート時の魔物の種類が変わります。

さらに、使途キャラクターはそれぞれ個性的なアビリティを持っています。

最初に選べるのは1人だけですが、条件を満たすと6人まで増えていきます。

条件はそこまで難しくありません!

ここで3人の使途キャラクターを紹介しますね!

まずは最初から選べる、アグラ・デ・ペスカさんです。

カエルみたいな見た目?

アビリティは「スウォームの強化」と「爆発するワーム」です。

最初に選べる使途なので、クセのないアビリティですね!

続いて紹介するのは聖人トリートンさんです。

髭おじいです

僕が1番お気に入りの使途です!

ステージの各所に供物台があるのですが、そこにカルト信者を連れていくと”あること”が起きます・・・!

自分の目で確かめてみてください~!

最後に紹介するのは聖人ブラバツキーさんです。

どことなくワ〇ピースに出てきそう・・・!

聖人ブラバツキーさんを使用すると、スタート時のリッチ以外に魔物を召喚できなくなります。

その代わりに、通常だと一定時間で消えてしまうスペクターが不滅になります。

不死身の軍団です!

敵を倒してどんどんスペクターを増やしていきましょう!

リッチがやられてしまったらゲームオーバーです。

紹介した使途の他にも3人の個性的な使途キャラクターを使用できるようになります。

使役キャラクターによって、プレイ感や戦略が変わってくるのがおもしろかったです!

続いてプレイしていて気になった点を記載していきます。

気になった点

魔物と敵が増えると画面が見づらくなる

ゲームを進めていくと魔物も敵もどんどん増えていきます。

だんだん画面がごちゃごちゃしてくるので、敵と味方の区別が難しくなってしまいます。

特にカルト信者の攻撃はエフェクトが激しいので、増えると画面が見づらくなってしまいます。

敵がどこか分からない~

もう少し画面を見やすくする工夫があればよかったと思いました。

魔物を大量に引き連れるのは楽しいんですけどね!

人によっては気になる過激な描写

本作はステージの最後に毎回ボス戦が用意されています。

最初のボスの船乗りのグレンさん

グレンさんは碇を振り回して攻撃してくるパワフルなボスです。

グレンさんはパワフルさを見せつけようと、たまに碇を投げ飛ばしてくるんですが、回収する際にうっかり隙が発生します。

回収してる間に攻撃を叩き込め!

ボス戦は攻撃と回避のメリハリがあって楽しかったです!

が、問題はこのあと・・・

ボスへの制裁はダゴンが自らくだします。

そのシーンがなかなか過激です・・・!

グレンさんはこの直後に悲惨な目に・・・

僕は全然平気でしたが、ステージの最後に毎回悲惨なシーンをみることになるので、苦手な人は注意してください・・・!

方向音痴ポイント

本作の方向音痴ポイントを紹介します。
方向音痴ではない人は飛ばしてくださいね!

本作はステージのマップは存在しませんが、ステージが細かく区切られているので迷うことはまずありません!

敵をすべて倒した後は矢印が表示されるので、矢印の方向に向かえばOKです。

方向音痴の方でも安心してプレイできます!

レビューまとめ

良かった点
  • 神に背いた人間を襲っていくダークなストーリー
  • 超シンプルな操作
  • 魔物たちに愛着がわいてくる
  • プレイ感が変わる使途キャラクターたち
気になった点
  • 魔物と敵が増えると画面が見づらくなる
  • 人によっては気になる過激な描写

割と過激な描写が多いゲームでしたが、味のあるドット絵だったので最後まで気にせずプレイすることができました。

不思議と魔物たちがどんどんかわいく見えてくるんですよね・・・!

案外あっさりやられてしまうので、守ってあげたくなります!

これがリアルなグラフィックのゲームだったら、たぶんプレイできませんでした笑

僕はアクションストラテジーゲームをそんなにプレイしたことがなかったのですが、シンプル操作ながら攻め方を考えなければやられてしまう、絶妙な難易度だと感じました。

さらにクリア後はハードモードで遊べます。

本作はアクションストラテジーゲームとダークな雰囲気が好きな人に特にオススメです!


\ Switchのおすすめコントローラー /

▼Switchで遊べるオススメのゲーム

あわせて読みたい
『添丁の伝説』評価・レビュー|漫画のような演出がアツい横スクロールアクション 方向音痴ゲーマーのテップウ(@teppu_game)です! 今回は『添丁の伝説(TIAN DING)』というアクションゲームを紹介します。 Steam版の他にSwitchでも発売されているゲ...
あわせて読みたい
『Ring of Pain』評価・レビュー|常に選択を迫られる超サクサクローグライクゲーム 方向音痴ゲーマーのテップウ(@teppu_game)です! 最近はインディーゲームでローグライクゲームが盛んですね! ローグライクゲームと言えば、『風来のシレン』や『トル...

▼ゲームレビューのタイトル一覧はこちらから

Sea Saltレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲームとマンガとロックが好きなアラサー。
好きなゲームジャンルは、ローグライク/メトロイドヴァニア/サウンドノベル。
方向音痴でゲーム内でよく迷子になる。
ラスボスは砂漠ステージ。

目次
閉じる