『Fly Punch Boom!』感想・レビュー|日本の少年漫画オマージュのハチャメチャ格闘ゲーム【セール特攻】

方向音痴ゲーマーのテップウ(@teppu_game)です!

今回の記事は、普段は「たぶんクソゲーだろうな~」と思ってスルーしている、あまり有名ではない激安セールのソフトの中から、隠れた名作を探す企画の第2弾です!

\第1弾の記事はこちら/

あわせて読みたい
『キャッチダック』感想・レビュー|シンプル操作でシュールなパズルアクション【セール特攻】 方向音痴ゲーマーのテップウ(@teppu_game)です! 今回の記事は、普段は「たぶんクソゲーだろうな~」と思ってスルーしている、あまり有名ではない激安セールのソフト...

「My Nintendo Store」で激安セールソフトを探していると、、、

気になる紹介文のゲームを発見!

「高層ビルを突き抜けて地球が粉々になってしまうほど強烈なパンチ」をお見舞いしたくなる時点で友達ではないと思いますが、更に説明文を読んでいくと、、、

あまりの勢いでアッパーカットされたせいで宇宙人に誘拐されてしまったことはありませんか?

エルヴィス似の鳥に渾身のパンチをお見舞いして月のおしりに突っ込むほど吹き飛ばしてみませんか?

・・・・・?

ちょうど僕も「エルヴィス似の鳥を渾身のパンチで月に吹き飛ばしたいな~」と考えてたとこだったので、今回はこの『Fly Punch Boom!』をレビューしていきます!

目次

プレイ開始

それではさっそくプレイ開始します!

最近のゲームはタイトル画面が表示されるまでに、警告表示やメーカーロゴが次々と表示されて「早くプレイさせて~」と思うこともありますが、本作は起動した後、短いロードをはさんですぐにタイトル画面が表示されました!

ハイテンションでロック調のかっこいいBGMが流れていてテンションが上がります!!

オンライン対戦もできるようですね!

とりあえずローカル対戦で、CPU対戦の難易度Normalを選びます。

続いてキャラクター選択画面です。

使いたいキャラいないなあ・・・

海外の古いアニメのようなデザインですね!

プレイヤーはヘビっぽい見た目ののWIGGLEを選択しました。

頭にシャワーヘッドみたいなのが4つも搭載されているので、たぶん強キャラです。

敵CPUはゴリラっぽい見た目のARMOIRにしました。

下半身を鍛え忘れてるので、足元を執拗に攻めれば勝てそうです。

続いてステージセレクト画面です。

最初は4ステージから選べて、1つはロックされているようです。

キャラクター選択画面でもロックされているキャラクターが数体いたので、アンロック要素で長く遊べそうですね!

とりあえず今回はランダムを選択しました。

それでは対戦開始です!!

ドラゴンボールかな!?

ゲームの紹介文に「お気に入りのアニメで見た戦闘が余すところなく詰まっています。」と記載されていたのはこのことだったんですね!

地上に降りることはなく、常に舞空術で飛んでる状態です。

スティック操作で好きな方向に移動することができます。

足元を攻める計画が崩れ去りましたが、とりあえず敵に近づいてみるとこのような画面になりました。

よく分からずアタフタしてたらそのままボコボコにされました。

格闘ゲームなのでコントローラをガチャガチャしてたらなんとかなると思いましたが、ちゃんとマニュアルはみないとダメですね。

その後も一方的にボコボコに殴られ、最終的にHPが無くなる前になぜか突然現れたピラニアに食べられて負けました。

せめてゴリラ君にトドメを刺されたかったぜ・・・

どうやら普通の格闘ゲームではないようなので、マニュアルを確認してみます。

このゲームの基本はジャンケンのようなシステムになっているようです。

敵に近づいて「Yボタン」を押すとゲージが表示されるので、タイミングよく「Y、A、X」のいずれかのボタンを押して、ジャンケンに勝ったら相手を攻撃できる感じですね。

オブジェクトを相手に向かって吹っ飛ばすこともできるようです。

死にそうなときにもゲージが表示されて、黄色い部分でボタンを押せないと即死するようです。

それでさっきニッコニコのピラニアに食べられたんですね。

緑のアスタリスクみたいなのを使用して、スペシャルアタックを発動できるようです。

使用するボタンは少なくシンプルです。覚えやすくて良いですね!

「Bボタン」でダッシュもできます。

このマニュアルだと少し分かりづらいですが、ちゃんとチュートリアルもあります。

操作方法もわかったので、下半身貧弱ゴリラ君に再戦を申し込んでボコボコにしてやりましょう!!

ボコボコにされました。

ボコボコにされすぎて地球割れました。
(中身スイカでした)

このゲーム、ジャンケンの勝敗を覚えるまではなかなか勝てないです。

何戦もしてるうちに頭に入ってくるので、それまで粘りましょう!

僕は1時間ほどプレイしたころから、NormalのCPUと互角に戦えるくらいになりました。

続いて3時間ほどプレイした感想を書いていきます。

プレイ後の感想

良かった点

ド派手な演出

本作はとにかく演出が気持ちいいです!

敵を吹っ飛ばしたときにヒットストップがはいって、たまにキャラクターがアップになるんですけど、本当にアニメを観ているかのような演出です。

さらに本作では、相手を吹っ飛ばしてステージの枠の外に出したり、ギミック付きのオブジェクトにぶつけたりすると、吹っ飛ばされた側にデスゲージが表示されます。

デスゲージの黄色い部分でYボタンを押せないと即死になるんですが、その時の演出がド派手で気持ちいいです。

例えばピラミッドの上から急に謎の巨大ロボットの足に踏みつぶされたり

宇宙で謎のハイテクメカにオーバーキルされたり

どこか見覚えのあるイカの墨にやられたり

このような演出がたくさん用意されていて楽しいですよ!

ちなみにデスゲージですが、HPが減ると黄色い部分がどんどん狭くなるようになっています。

HPが多いうちは即死になりづらいように調整されてますよ!

日本の少年漫画のオマージュ

本作は確実にドラゴンボールを意識してつくられています。

バトルの演出はもちろん、ゴリラ君のスペシャルアタックもドラゴンボールっぽいです。

元気を分けてもらったんでしょうか?

ドラゴンボール以外にも、日本の少年漫画からオマージュしたと思われる演出がちらほらあります。

例えばちょっとポッチャリ系なこのキャラクター

自身を巨大化させて回転しながら相手を吹き飛ばす スペシャルアタック を使います。

肉弾戦車ですね!

僕はマンガが大好きなので、「これはあのマンガのオマージュかな~」と考えるのが楽しかったです!

気になった点

キャラクターのクセが強い

日本の少年漫画らしさを随所に感じられるゲームですが、キャラクターはバリバリの海外アニメ感が強いです。

だんだん慣れてきますが、せっかくならもっとかっこいいキャラクターを操作したかった・・・と思いました。

あと少しだけエグイ描写もあります。

この辺りは人を選ぶと思います。

1人プレイには限界がある

僕はもちろん一緒に対戦する友達がいないのでCPUと戦ってましたが、1人プレイには限界があると思いました。

それはこのゲームのシステムが対人戦向きだからだと思います。

デスゲージのタイミングよくボタンを押すシステムも、CPUだとランダムに計算して成功と失敗を分けてるのかな~と考えてしまいます。(僕だけかもしれませんが・・・)

例えるなら、星のカービィの「刹那の見斬り」をずっとCPUと対戦してる感じでしょうか・・・

その代わり、友達との対人戦はメチャクチャ盛り上がると思います!!

感想まとめ

人を選ぶ見た目ではありますが、セール価格の287円ならメチャクチャお買い得だと思います!

僕は格闘ゲームが苦手ですが、ジャンケンのような独自のシステムなので新鮮に楽しめました!

僕みたいに少年漫画が好きな人も楽しめると思います!

タッグマッチのような形になりますが最大4人でプレイできるので、友達と集まってプレイしたら盛り上がること間違いなしです!!

友達はセールで買えないんでしょうか・・・


\ Switchのおすすめコントローラー /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲームとマンガとロックが好きなアラサー。
好きなゲームジャンルは、ローグライク/メトロイドヴァニア/サウンドノベル。
方向音痴でゲーム内でよく迷子になる。
ラスボスは砂漠ステージ。

目次
閉じる